松波商工振興会「まつなみ日記」

松波商工振興会ホームページ blogコンテンツ「まつなみ日記」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手馴れた出店スタッフ

29日は生憎の雨の中せせっこましい場所でよく手際よくやって下さいました。定番のヤキソバ、フランクフルトも美味なのに食べるテーブルがなくてはお代りできないのが残念。雨が憎い。でもいつも思うけど出店の準備、販売、子供の遊ばせ方は手慣れたものですね。義援金はキチッと報告して被災地のしっかりしたところに届けてくださいね。吹奏楽部も熱入ってたしいずれ千葉商とのコラボも何かできそうかな。ごくろうさん。  --健太君
スポンサーサイト

東日本大震災復興支援コンサートおつかれさまでした

5月29日の千葉商・松波町会・松波商工振興会・社協他の共催で行われた復興支援コンサートは、あいにくの悪天候にも関わらず大ぜいの人がきてくれて、第一回としてはそれなりの成果をあげる事ができたのではないでしょうか。我が商工振興会はS会長をはじめ I 副会長・S副会長・理事のHさん・Aさん・Sくん・Yくん・Hくん・Sくん・Hくんそして私、松波郵便局からI局長・Eさん・Nさんが手伝いに、ケーヨー銀行からS支店長・K次長・Yさん・Sさん・Yさん・Tさん・Hさん・Nさん・Sさん・Uさん・Yさんさらには八街に異動になったIさんも途中から加わってくれて、朝8時の集合から雨の中準備をはじめ、それぞれが持ち場の準備を終えると他の準備を手伝ったりして10時半ごろから販売を始めコンサートが開演するまでの間、少しでも多くの義援金が集まるように皆がんばった。残念だったのは悪天候だったため売り場とコンサート会場が別々になったので、コンサートを聞けなかったことと売上をすべて寄付するというPRが足りなかったのとH副会長が体調不良で来られなかったことです。しかし雨の中チャリティのため足を運んで下さった皆さんの思いと協力した我々の思いを確実に早く被災地に届けてくださるよう願っております。健太君が言っていたように町会はこのチャリティの経過と結果を後日町民に報告しなければならないとおもいます。個人情報保護のためイニシャルで表記しました事お詫びします。今度はお天気の日にやりたいですね。その時はまたみんなでがんばりましょう。                 線路上カメラマン

5月29日被災地支援イベントを成功させよう

5月29日に千葉商校玄関前で支援イベントが開催される。松波町緒団体のコラボで頼もしい。ぜひ成功させようではないか。と思うがいま一つスッキリしないのだ。義援金集めするときはハッキリと目的、スローガンが住民に充分伝わらないといけない。どの団体も積極的に広報活動しない。折角の好イベントも知らないから集まらないでは意味がない。目的、スローガン、各団体の役割りを住民に知らせる事。集まった義援金をどの様に分割して(或いは合計して)誰がどこの誰に手渡すのか。いつもアイマイで誰にいくら渡ったのか、それで喜ばれたのか結果が報告されないで終っている。各団体はそれぞれイベントが終ったら参加者の支援に成果とお礼を言うこと。全世界からの義援金の2%しか被災者に届いていないという報道もある。住民は既にいくつかの集金団体に義援金を提供している。それともコラボといっても各団体が単独で義援金を集める、それを同じ日に行うという事か?夏祭りのような統括ができないと求心力は生まれない。--健太くん

菖蒲湯はいい

きのうの夕方早めに菖蒲湯にゆっくり浸かった。茎を5本湯船に入れて沸かす。山麓の清流のような透明度の高いミネラルたっぷりの湯、湯上りのサッパリ感は一層さわやかで酒の味も違う。日本の四季を肌で知る習慣は楽しいものだ。5月5日はこどもの日ではない、「端午の節句」という祝日なのだ。端午は5月初旬の意味で菖蒲は薬草で邪気を払い男児の健康を願う慣習が中国から伝わったそうだ。なぜ鯉のぼりか、なぜショウブとヨモギ餅なのか、こんな日本文化を次世代を担う子供達へ教えることが大事な教育ではないか。安易に憶えやすいからと「こどもの日」と呼ばせる日本を引っ張るべき有識者の無節操さを恥ずかしく感じるのは僕だけなのだろうか。ーー健太くん

歯がゆいなー

福島原発事故はいま原発推進を検証する絶好のシュミレーションになっている。FUKUSHIMAは悪い目線で世界中の注目を浴びている。サダフィの投降日以上に大事なニュースなのだ。偉そうに先輩面する仏国も米国も自分達に起こったらどうしようとハラハラドキドキしているだけ、世界で最初の放射線廃棄物処理事故なのだ。冷却水処理電源バックアップミスは親方日の丸会社の単純な業務怠慢手抜きの大ミスで全く恥ずかしい限りだが、電源ミスを防ぐ手段を講じるだけで原発推進を続けるかは誰もが疑問を抱く。この際電気エネルギーの需要と供給バランス問題を世界レベルで考えていく事が大事だ。日本は初心に帰って国民が勉強して議論して政府がまとめて世界宣言の草案を作る、このくらい考えるのが政治家を目指した男の責任だろう。政治家の資質の貧困さに歯がゆい思いが一杯だ。世界に日本の優れた叡智を示すよい機会なのに。松波に議員が生まれなくて残念だというレベルの話ではない。 健太くん

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。